WORK

著書 / 写真・原稿 / 講演・企画

仕事内容

このサイトについて

お知らせ

著書

さがしてあそぼういきものしゃしんえほん1
どこにいるかな?のやまのむしたち

うまれたよ!シリーズの姉妹編。里山の擬態昆虫を探す写真絵本です。

よみきかせいきものしゃしんえほん26
うまれたよ!オトシブミ

地面に落ちた揺藍の中で成長するオトシブミを追いかけました。

イモムシハンドブック3

シリーズ最終巻。3巻あわせて666種のイモムシを紹介しました。

  • 2014年4月
  • 安田 守著 高橋真弓、中島秀雄、四方圭一郎監修
  • 文一総合出版
  • 新書判108ページ
  • 1,400円+税
  • 出版社サイト
  • アマゾン
かんきょうかがくえほん3月号 いもむし

アゲハ、アオバセセリ、カギシロスジアオシャク、リンゴドクガ4種のイモムシが主役の絵本。

  • 2014年3月
  • La Zoo作、安田守写真
  • 400円
  • 学研教育出版
  • 定期購読雑誌
よみきかせ いきもの しゃしんえほん14
うまれたよ!アリジゴク

うまれたよ!シリーズのアリジゴク。撮影しながら自分で発見することができた本でした。

  • 2013年9月
  • 小杉みのり構成・文、安田守写真
  • 岩崎書店
  • B4変型判32ページ
  • 2200円+税
  • サイト
  • アマゾン
よみきかせ いきもの しゃしんえほん11
うまれたよ!アゲハ

うまれたよ!シリーズのアゲハ。意外にちゃんと見てなかったなあと思わされました。

  • 2013年9月
  • 小杉みのり構成・文、安田守写真
  • 岩崎書店
  • B4変型判32ページ
  • 2200円+税
  • サイト
  • アマゾン
ずら〜りイモムシ ならべてみると・・・

イモムシたち18種を卵から成虫までいろんな場面で並べて比べます。意外に少ない一齢幼虫たちの写真も。

イモムシハンドブック2

好評「イモムシハンドブック」の続巻です。ヨトウガからヨナグニサンまであらたに239種をとりあげました。

  • 2012年4月
  • 安田 守著
  • 高橋真弓、中島秀雄、四方圭一郎監修
  • 新書判108ページ
  • 1,400円+税
  • 文一総合出版
  • 出版社サイト
  • アマゾン
びっくり!ジャンボ昆虫園

「ほんとのおおきさ」シリーズの昆虫版です。一種ずつ大型本の見開きにドーンとジャンボに登場します。

  • 2011年6月
  • 岡島秀治監修、安田守写真、柏原晃夫絵、高岡昌江文
  • B4/48ページ
  • 1500円+税
  • 学研教育出版
  • 出版社サイト
  • アマゾン
よみきかせ いきもの しゃしんえほん1
うまれたよ!モンシロチョウ

誕生と成長に焦点をあてたモンシロチョウ。僕が初めて手がけた子供向け写真絵本です。

哺乳類のフィールドサイン観察ガイド

フィールドサインの読み方ガイド。実際の足跡(足裏も)、糞、食痕を写真とイラストで紹介。

イモムシハンドブック

振り返れば、ここから苦手なはずだったイモムシに深くはまりこんでいくことになる記念すべき第1巻でした。

冬虫夏草ハンドブック

盛口満さんとつくった冬虫夏草のハンディ図鑑。二人で探索したり、あちこちの虫草屋さんに協力してもらいました。

オトシブミハンドブック

移り気な僕が飽きずに見続けてきたオトシブミの図鑑です。オトシブミ屋沢田佳久さんのお力をお借りしてギュギュッとつまった一冊に。

集めて楽しむ 昆虫コレクション

こんな風に昆虫世界を見たらおもしろいという切り口を集めた図鑑です。フリーになって初めてつくった最初の一冊です。

小さな骨の動物園

大西成明さんの写真を中心に、骨屋たちがそれぞれの現場から文章を書いています。僕はイヌイットと骨について書きました。

  • 2005年12月
  • 盛口満、西澤真樹子、相川稔、安田守、安部みき子、瀬戸山玄著
  • A4変型判72ページ
  • 1500円+税
  • INAX出版
  • 出版社サイト
  • アマゾン
骨の学校
ぼくらの骨格標本のつくり方

盛口さんと僕が勤めていた学校の骨部屋(理科準備室)を舞台にした骨格標本と骨にかかわる人の物語。

写真提供、原稿執筆(書籍・雑誌等)

教科書に出てくる生きもののすみか
第2巻 昆虫

生きもののすみかシリーズ昆虫の巻。写真を提供しました。

  • 2017年2月
  • 監修 岡島秀治
  • 学研プラス
  • A4変形判32ページ/2300円+税
  • 出版社サイト
食べ物で見つけた進化のふしぎ
ーゲッチョ先生の食べ物コレクション

盛口さんの食卓の生物シリーズ第5弾。水族館で探す系統樹の生物、山海の幸の二つの写真見開きを担当しました。

ずかん虫の巣

アリやハチのつくる巣からオトシブミの揺藍、クモの網、幼虫の蓑など、虫がつくる「巣」を紹介する図鑑です。写真担当しました。

おいしい“つぶつぶ”穀物の知恵
ーゲッチョ先生の穀物コレクション

盛口さんの食卓の生物シリーズの穀物編。田んぼ、小麦畑、雑穀などの撮影を担当しました。

やどりが「イモムシ入門」

日本鱗翅学会の会誌にイモムシの記事を書かせていただきました。ビジュアル系入門69種についての紹介でカラープレートつきです。

  • 2014年8月
  • 日本鱗翅学会会誌「やどりが」241,p2−17
冬虫夏草生態図鑑

僕が所属している日本冬虫夏草の会でつくったおそらく最初で最後であろう写真生態図鑑です。

食べて始まる食卓のホネ探検
ーゲッチョ先生のホネコレクション

野菜、果物につづくシリーズ続巻。動物骨格標本、人体骨格標本など撮影担当しました。

食べられたがる果物のヒミツ
ーゲッチョ先生の果物コレクション

野菜の植物学の続巻です。リンゴができるまで、カキノキの一年などの撮影を担当しました。

  • 2013年2月
  • 盛口満文・絵
  • 少年写真新聞社
  • B5判64ページ/1800円+税
  • サイト
  • アマゾン
見てびっくり野菜の植物学
ゲッチョ先生の野菜コレクション

盛口さんの野菜本です。見返しなどの写真ページを担当しました。撮影しながら野菜おもしろいなあと再発見。

  • 2012年2月
  • 盛口満文・絵
  • 少年写真新聞社
  • B5判64ページ/1800円+税
  • サイト
  • アマゾン

講演・企画展など

むし塾講座「イモムシウオッチングのすすめ」

鈴木海花さん主催のあつまりに呼んでいただき、イモムシの話をしてきました。すてきな会場で熱気むんむんでした。

「僕の昆虫コレクション」写真展

最初の単著である「僕の昆虫コレクション」からのページと、それに関連する写真パネルで構成した写真展でした。

  • 2013年6月18日-9月1日
  • 田淵行雄記念館(長野県安曇野市)
イモムシ展

期間中は講演と観察会も行いました。麓は蒸し暑かったですが、山上のフィールドはイモムシもかなり観察できました。

  • 2012年7月28日-8月26日
  • 氷ノ山自然ふれあい館響の森(鳥取県八頭町)
イモムシの極み

中川翔子さん、山田五郎さんの番組の極みというコーナーに呼んでいただき、イモムシ話をしてきました。

  • 2011年5月
  • DOCOMO TOKYO REMIX ZOKU
  • FM J-WAVE(81.3Hz)
オトシブミ展

僕の写真パネル、オトシブミ屋沢田さんの実物標本、布製の揺藍巻きモデル(よくできてました)など、オトシブミのミニ展示。期間中には講演と観察会も行いました。

  • 2010年
  • 大阪府高槻市あくあぴあ芥川(芥川緑地資料館)
inserted by FC2 system